地場産品をブランド化したいなら

地元で当たり前にある食材やその他のものを利用して商品化するには、ブランド化まで考えてみたいものです。

全国の方に人気となる商品になる可能性があるのなら、ブランド化に向けて、弁理士の方に相談をしておくのも良いことですが、こちらの事務所はとても親切そうです。相談だけもしてみるとよいでしょう。
http://spring-pat.com/

例えば、地元ではそんなに価値がないと思われているものでも、他都道府県からすれば手に入れたいものだってあり得ます。捨てるほどにあるのに地元では高く売れないし人気がないとしても、他の地域の方が欲しいものかもしれません。

捨てるほどにあるのにというものの場合、日持ちしない、処分が大変ということで、作り手にも張り合いがないものもあるでしょう。または処分する費用も大変なので本当は扱いたくないというものだってあるかと思います。

キチン・キトサンなどがそうだったようですよ?甲殻類の殻などは処分するのが大変だったそうですが、キチン・キトサンが体に良いと知ってからはそれを活かした商品が作られるようになり、全国の方が知っているほどです。

日持ちしないものなら、保存の技術を特許として申請することもできるかと思います。それが製品化されれば、商標登録をしてしまうのです。